やる気は給料で上がらない。
社員と仕事の相関について。

BLOG
今回は社員さんの待遇についての問題です。
特に、給料の件についてでしょうか。

給料の増減や様々な評価の仕方だったりで経営者は悩むと思います。
社員に対しての給料と評価が思ったとおりにいかないというお話です。

仕事の達成で給料を決めたら社員のテンションは下がります

経営者側としては、仕事の能率だったり、スピードだったりで給料を決めたいと考えると思います。
しかし、それでは社員さんのモチベーションを保てません

特に、「ここまで作業ができるようになったら・・・」
「ここまで能力を発揮してくれたら・・・」で昇給する。

一つ条件をつけたとしても、
社員さんは「自分はこれだけ出来るのだから、もっと給料がもらえるのではないか」と考えるでしょう。

経営者側が支払いたい金額と、社員側が受け取りたい金額
つまり、お互いの能力に対する評価額
これに、かなりの開きがあるということです。

逆にいうと
「こういう仕事が出来ないなら、あなたはこの待遇で維持できない」という考え方もありますが、これがかなり鬼門です。
社員さんというのは基本的に給料をもらっている人なので、当然リスクを取りません

リスクを取りたくないので会社に入っているわけであって、取りたくない人に対して「ここまでの能力を発揮しないといけない」とリスクを負わせるようなことをしてしまう。

ミスをすると評価が下がる図式
「失敗が許されない」というリスクを負うような働き方は、社員から嫌がられます

営業マンでも強いプレッシャーがあるのに、事務員さんにも、というのは無理があるのではないでしょうか?

製造部門でなかなか「能率給」というものが定着しない。
「職能給」という効率の良い制度であっても、人の心はそう簡単にはいかないという1つの典型です。

やる気と給料の相関は?ニンジン作戦で人は動かない


やる気と給料の相関関係です。

簡単にいうと「ニンジン作戦」でしょうか。
相手に対して給料の待遇面で自覚を促すというやり方がいかに上手くいかないかというお話です。

成果が出る前に大きな待遇で、例えばスカウトしてしまうという場合であれば、成果が出る前に昇給させて立場を与え、成長を促すというやり方があると思います。
そういう場合も勘違いしてしまうことが多いです。

「自分はこれだけ出来ている」と勘違いしてしまう。
これからの期待や役割を担っての金額である、ということを忘れてしまう社員さんが少なくないと思います。

給与待遇だけで、人を動かすには想像以上にコストがかかります。
なぜなら、給与に見合った活躍できるスター選手を集める必要があるからです。

プロスポーツではよく見られることですが、一部の優秀な選手に大きな報酬が集中します。
そして、試合に出ていない大部分の選手は冷遇を受けることになる。
一部に偏ってしまうのは資本主義なので、やむを得ない部分でもあります。

お金で人を動かすには高額なスター選手を集めるしかないでしょう。
高コスト作戦でいいのか?という道義的な話はまた別問題です。
だから、お金で人を動かすのはかなり高コスト、というのが今回の問題提起です。

給料でやる気は上がらない。社長がやるべきことは?

給料だけでは社員のやる気は上がりません。
では、実際に社長がやるべきこととは何でしょうか?

第一に社員さんと様々なコミュニケーションを取ること。
社員さんの活動していること、成果が上がっていることを話し合いで認める場を設けるということです。
大企業の場合は難しいかと思いますが、そうでない会社であれば社長と社員がコミュニケーションを取ることはそう難しくないかと思います。

どう評価されているかを一言、二言伝えただけでは社員さんに理解していただけません。
伝わらない、というのが現実です。

そのため、話し合いの機会を設けたりすることによって、評価をしていること、認めていること、出来たことの認識について擦り合わせることが第一ステップです。
これを忘れている方が多いと思います。

そして、1年程度先の「会社としてはどういうふうになりたいのか」「あなたとしてはプライベートも含めてどうありたいのか」というようにお互いの将来設計を擦り合わせていって、「期待と役割をどのように設定していくのか」というのを共有していきます。
それだけで人の動きは変わります。

お互いの計画を共有することが出来れば、実際会社としてどういう待遇を用意出来るか、社員がステップアップしてゴールに到達するまでの過程で、どれぐらいの待遇でいって良いのか、が擦り合わせやすいです。

いきなり給料の高い・安いの話をしてしまうと、行き違いが起きやすいです。
このように目標と出来たことを共有していくという行動が重要ではないかと考えています。

最後に

最後にリアルマーケティングマスタースクールでは、
地元で頑張る中小企業のための問題解決をご提供しております。

ご相談頂きましたら、
現状お困りの問題点から改善ポイントをお伝えさせていただきます。

無料オンライン相談も受け付けておりますので、
そちらの方も遠慮なくご利用ください。

詳しくはWebサイトの方をご覧いただければと思います。

今回のお話はこれで以上となります。

「やる気は給料で上がらない。社員と仕事の相関について。」の動画版はこちら。

コメント

  1. […] やる気は給料で上がらない。社員と仕事の相関について。 […]

タイトルとURLをコピーしました