BLOG

今回は自己紹介の書き方をテンプレートで紹介、ツイッターやインスタ用の例文や項目を解説というお話をさせて頂きます。

1ツイッターやインスタでも自己紹介プロフィールは必要!ブログ用との違いとは

ブログホームページだけでなくSNSで色々なアピールをするのは当然必要なわけです。
その為、そこでアップして終わりだと少なくともビジネスで使うのには趣味でも何でもそうですが出口がありません
受け取った方も話だけ聞いて終わりといったような感じになってしまうので、その先をお渡しするという必要があると思います。

ツイッターなどのタイムラインに色々な情報をアップする以外に普遍的な導線です。

動画版はこちら自己紹介プロフィールの書き方をテンプレートで紹介、 ツイッターやインスタ用の例文や項目を解説

ツイッターのつぶやきを見たら リンク先の解説文を読んでもらうように案内したり。
活動やコメントに興味を持ってもらったら プロフィール欄から案内ページを見つけてもらって
次の情報へステップアップしていただきたい。といった導線です。

毎回タイムラインを見るたびに

「特典ページ見てね、
キャンペーン応募してね」

といった売り込み情報ばかりだと見ている方も嫌になってしまいます

一方で興味のある人、
「次の情報が欲しいな」といった人の為に
適切な情報も用意しておく必要があるわけです。
見たい時だけ見る情報といえば
プロフィールなので、プロフィール欄を使うのがスマートではないかと思っています。

一方でブログだと、
一本のプロフィール記事として比較的長文を書くことが出来ます。
ブログだと1000文字でも2000文字でも自分のことを伝えられますが、
SNSだと難しいです。

文字数が少ないので感情に訴えるような記事がなかなか書けません
少なくてもツイッターのプロフィール欄で全てを書き切るのは難しいです。
そうすると、相当工夫して書くことが必要だというのがブログとの違いになると思います。

2自己紹介に使うプロフィールの書き方についてテンプレートを用いて解説

一旦長い文章を書きます

まずはプロフィールですが、例えばいくらSNS短いプロフィールであっても一旦長文で書く必要があります。
ブログ記事のように長文で書いてから少しずつカット凝縮していくというのが
一つのやり方です。
そうすると、凝縮したSNSのプロフィールにある現在の行動に結びつきます。

長文で 一旦過去の経緯だったり、仕事だったり、サービスの取り組みだったりを書いていきます
それが現在の行動にどう結びついているのかというのを元々の動機から書き切ることが必要です。

それを凝縮するような感じです。
パターンとしては次のような感じになると思います。

例えば一つの商品に対して問題意識があったとします。
そういう一つの商品に対して

「こういう社会問題を解決したい」

問題に取り組みます
それが色々と紆余曲折あって乗り越えた
というお話が一つあったとしたら、解決したら次の問題が見えるわけです。

何らかの問題解決したくてその商品を導入しましたが、
導入した結果的にまた別の大きな課題が出たのでその課題にも取り組まなければいけません。

商品開発色々なサービス導入だったり、資格を取らないといけないビジネスだったりと
色々な問題や課題があると思います。

その新しい課題を解決するにあたって、今まで何も問題を感じていなかった人達の反対があります。
既存業者の反対があります。

そういう人達との軋轢だったり、あまりにも先に進み過ぎると白い目で見られたりするという経験もあると思います。
そういう軋轢を乗り越えて解決してみるというお話第二ステージとして必要になります。

第二ステージが終わりましたら、

「その解決をしてみると、社会問題に取り込むことになりましたよ」
というのが最終的なお話です。

それが現在の行動に結びついています、現在の商品に結びついていますというのがよくある解説だと思います。
この一連の流れです。

その商品のサービスを始める前の経験だったり、それを始めから起きた本格的な問題解決だったりです。

それを解決すると、

「社会問題に繋がっていたのでこれから進んでいくよ」

といったトラブル解決していくような流れというのが一つのテンプレートになっていきます。
そうして埋めていく感じです。

自分が

「これが出来る」

「こんなことしている」

「これも知ってほしい」

というのがプロフィールではありません

一つの最終的なゴールに向かって
過去どうだったのか・これまでどうだったのかをお伝えするのがポイントだと思います。

3プロフィールの自己紹介から収益に結びつける項目の違いを例文で解説

問題解決が見えるかどうか

プロフィールで必要なのは問題解決です。

要するにその商品・サービスは自分の悩みや課題を解決する為に探している人が多いわけです。

その為、その解決を探している人読んで刺さるような内容にする必要があるわけです。
自己アピールばかりではありません
そのため、自己アピールばかり書いていたら刺さらないということは
要するに網羅的な企業案内をプロフィールで入れるのは不可能だということです。

特に、SNSの短い文章ではそれが全く出来ないと思った方が良いです。
キーワードをただ並べるだけでは難しいということです。
そうすると、次のステップ移っていただきやすいように
まずは取り掛かってほしいような商品サービス一点集中する方がベターだと思います。

特にツイッターなどのプロフィール欄に必要だと、ツイッターのプロフィールウェブサイトを掲載することが出来ます

そちらのウェブサイトにいった時
情報として知っていただきたいだったり、読み手が興味がありそうな無料のコンテンツへ誘導するのが一番だと思います。

「これ買ってくれ!」

ではなくて

「この内容を読んで下さい」
「この説明を読んで下さい」
「知りたい人はこの情報を無料提供していますよ」

というのを基本的にお渡ししていくというのが一つのステップになっていくのではないかと思います。

以上、自己紹介プロフィールの書き方をテンプレートで紹介、ツイッターやインスタ用の例文や項目を解説というお話でした。
ご参考になりましたら幸いです。


《インスタでも使えるプロフィール講座》〜自己紹介から受注に繋がる〜項目ごとの例文と、穴埋めテンプレート画像や写真のガイドラインもご提供

関連記事一覧