BLOG

クロージングというと基本的に営業や商談といったお話になると思いますが、多くの方にとって 苦手意識や出来ればやりたくないといったネガティブなイメージを持たれてると思います。

このようなイメージを持たれている理由は人にもよるでしょうが中でも最も多い理由としては営業マンの立場が低いことでしょう。
例えばお客様のわがままに振り回される小間使いのように使われるというようなイメージがあ るんじゃないかなと思います。
無茶なことを言われて振り回されていては何も楽しいことはないです。
実際はお客様相手と言えどもそこまでする必要はないのですが、そんな目に合えば当然ネガティブにもなります。

他にも営業会社とかで言うと「業績が上がるまで帰ってくるな」「見込み客が集まるまで帰ってくるな」と理不尽なことを言われたりすることもあると思います。
そういう苦しい思いをするとすごいネガティブなイメージがあると思います。

そもそもですがそれはクロージングのプロセスとしては不適切です。
クローザーは別にお客様を集めに行く必要などありません。

前回「商談が重要な時代背景」でもお話しした通り、お客様が満足なさる条件を見極めるのがメインの仕事のはずです。

お客様を集めるのはクローザーではなくマーケティングのお仕事です。
今回の例はマーケティングとクロージングの差を理解していない典型的なパターンです。
クローザーのお仕事はマーケティングで集めてもらったお客様とのやりとりが中心になります。
はっきりとテリトリー分けをした中で、お客様の満足度に寄り添いこちらに利益に繋げるというのが本来のプロセスなのです。

中にはお客様の満足度に寄り添うってどういうことなのって思う方もいるかと思いますが、魔法のような話術などは必要ありません。
誠意を持って相手の要望をお伺いするというやり方です。
そちらは次回以降にお話したいと思うので、是非お楽しみにしていただければと思います。

関連記事一覧