セミナーレポート
企業がSNSで情報発信するには
プロフィールが必須の時代に

マーケティング

企業の情報発信ならもはやSNSが必須に

今回は先日外部様向けに開催させて頂きましたセミナーについて、内容を簡単に振り返りたいと思います。

やっぱり企業として事業を行なっていく以上、当然必要となるのが情報発信です。
どれだけ大きな会社であっても、あるいは小さな会社だとしてもその点は同じです。

その為Webサイトなどを駆使して様々な広報活動をする訳ですが、中でもSNSを利用する事が今の時代には必須となっています。

最終的に商業的な内容に結びつけたい場合にも、検索エンジンの最適化キーワード広告を設けたりと色々な工夫をされてると思いますが、これら以外の流入経路として、特にSNSがウェイトの大部分を占めているように思います。

そしてSNSと一口に言っても沢山の種類がありますが、その中でどれを使うべきか悩まれると思います。

理想を言えば結局一通り全部使うのが最適だとは思います。
ですが実際にはその全てにエネルギーを注ぎ切れない事がほとんどだと思います。

そういう時はまず個人対個人でお話する場合Facebookのご利用をオススメします。
今でもある程度の年齢以上の方であれば利用している方が多いです。

そして個人ではなく大衆向けに宣伝したい場合であれば、Twitterが最も安全です。
とにかく何かしら始めていく事が一番だと思います。

とはいえSNSを始める事がゴールという訳ではありません。

最終的には自社サービスをご利用して頂く事がゴールとなりますので、SNSはあくまでも入り口として役割分担していくとスムーズなケースが多いと思います。

情報発信の最初の段階で見られるのは 企業のプロフィール

続いては情報発信の最初の段階についてです。

まず自社の事を全くご存知でない方SNSに投稿した文章を読んで、良い記事だったからホームページを見てみようとは基本的にならないと思います。

まず自社の素性を知って頂かない事には興味すら持ってもらえません。

その為SNSを始めて最初にするべき事プロフィール欄の確認です。

周辺情報を整理して提供していく工程を、プロフィール欄を通してやっていく必要があります。

場合によっては投稿内容よりもしっかり書かないと、せっかくの投稿が意味の無いものになってしまうほどです。

如何に自社のWebサイトに通って頂くか、提供したいサービスをご利用頂くかという点では、それぐらいプロフィールの完成度が重要なポイントであると思います。

プロフィール作成ツールを使って 企業の情報を発信する方法

そしてプロフィールの作成に当たって、専門のツールをご利用頂いてある程度成果の出る内容に基づいた形で作っていくのが一番良いと思います。

ただし注意点として、こちらが言いたい事だけを書いている押し付けがましいプロフィールは、読み手を置いてけぼりにしてしまう事が非常に多いです。

ですので、あくまでも読み手の知りたい事をまとめるようにする。

第3者視点で客観的になれるツールを使い、ペーパーワークを通じて作成する事が非常に重要であると思います。

要するにプロフィールとして相応しい話の流れを構築してから、個人のエピソードを当てはめるスタイルの方が読み手にとって響く文章になると私は考えております。

以上が今回のプロフィールセミナーの大まかな骨格でした。

最後に

最後にリアルマーケティングマスタースクールでは、
地元で頑張る中小企業のための問題解決をご提供しております。

ご相談頂きましたら、
現状お困りの問題点から改善ポイントをお伝えさせていただきます。

無料オンライン相談も受け付けておりますので、
そちらの方も遠慮なくご利用ください。

詳しくはWebサイトの方をご覧いただければ幸いです。

今回のお話はこれで以上となります。

「セミナーレポート:企業がSNSで情報発信するにはプロフィールが必須の時代に」の動画版はこちら。

タイトルとURLをコピーしました